はじめに

スター精密クラウドサービス(以下SMCS)は、スター精密製プリンターおよびその周辺機器と連携して機能するAPIを提供します。

Device Manager APIは機能に応じて以下3つのアクセス権限を有します。

レシートデータSMCSに接続されたプリンターが印刷したレシートデータ(画像)にアクセスすることが可能
ステータスSMCSに接続されたプリンターの各種ステータス情報を取得することが可能
ファームウェア更新と設定変更SMCSに接続されたプリンターのファームウェア更新、および各種設定変更が可能
本ガイドでは、APIを使用するために必要なSMCSアカウントの作成からデバイス接続等の環境構築、APIリクエストのテストまでの流れを説明します。

ステップ1:SMCSにサインアップする

APIを使用するために、開発者はSMCSアカウントを作成する必要があります。アカウントを作成するには、アカウント作成ページopen in new windowに移動し、必要な情報を入力します。

ステップ2:デバイス(プリンター)の登録を行う

Device Manager APIは、SMCSに接続されたデバイス(プリンター)から得られるデータにアクセスし、活用するためのAPIです。したがって、対象となるデバイス(プリンター)がSMCSに登録されている必要があります。

ステップ2-1:デバイス(プリンター)をインターネットに接続する

Device Manager API対応のプリンターモデルは以下です。各モデルのインターネット接続方法は各オンラインマニュアルを参照ください。

  • TSP100IV
  • mC-Print3 (ファームウェアver.3.5以降)
  • mC-Print2 (ファームウェアver.3.5以降)
LANケーブルを接続する (オンラインマニュアル)

ステップ2-2:SMCSにデバイス(プリンター)を登録する

以下4通りの登録方法をご用意しています。利用環境に適した手法を選択ください。

使用端末ツール利用シーン
カメラを使用するインターネットに接続されたスマホ、タブレット、またはPCWebアプリSMCSデバイス登録のみをご利用の方におすすめです。
プリンターの設定画面(Web Configuration)プリンターと同一ネットワーク上にあるスマホ、タブレット、たまはPCWebアプリWeb Configurationは、プリンターに固定IPアドレス設定を行う際にも利用します。固定IPアドレスを必要とする環境でご利用の方におすすめです。
Star Quick Setup Utilityを使用するプリンターと接続状態にあるiOSまたはAndroid端末ネイティブアプリ(インストールが必要)Star Quick Setup Utilityはプリンター初期設定時に利用します。詳細設定変更を利用する方におすすめです。
開発者向け専用(準備予定)プリンターにコマンド送信ができるデバイス開発者上位アプリに依存開発者が作成する上位アプリ内で完結する手法です。

カメラを使用する

  • スマホやタブレット、PCで以下URLにアクセスします。

http://account-manager.smcs.site/scan

  • もしくは、以下QRコードを読み取ります。
http://account-manager.smcs.site/scan
  • SMCSアカウントでログインします。
  • 「Scan」ボタンを押し、プリンター底面のシリアルナンバーのバーコードをスキャンします。
  • Webサイトの指示に従いプリンターを操作します。
  • 店舗向けマーケットプレイスが表示され、プリンターのSMCSへの接続が完了します。

プリンターの設定画面(Web Configuration)

  • プリンターと同一ネットワーク上にあるデバイスから、ブラウザーでWeb Configurationを開きます。
プリンターの設定画面(Web Configuration)を開く (オンラインマニュアル)

Web Configurationの利用方法はこちら

  • 左側のタブでStar Micronics Cloudを選択し「Connect your printer」ボタンを押します。
  • SMCSアカウントでログインします。
  • 店舗向けマーケットプレイスが表示され、プリンターのSMCSへの接続が完了します。

図1

Star Quick Setup Utilityを使用する

  • App Storeopen in new windowGoogle Playopen in new windowよりStar Quick Setup Utilityをインストールします。
  • Star Quick Setup Utilityからプリンターに接続します。
  • 「登録開始」ボタンを押し、SMCSアカウントでログインします。
  • Webサイトの指示に従いプリンターを操作します。
  • プリンターのSMCSへの接続が完了します。

図2図3図4

開発者向け専用(準備予定)

  • 今後開発者向けのデバイス登録方法を検討していく予定です。お客様の声をお聞かせください。ご意見は、各地域の販売会社またはsales@starmicronicscloud.comまでお願い致します。

ステップ3:アプリケーションを申請する

APIを利用するには、アプリケーションの申請が必要です。ダッシュボードから申し込みフォームに以下情報を記入し申請してください。

  • アプリケーション名
  • アプリケーション概要 (例:POSアプリ、モバイルオーダーアプリ、等)
  • 利用するデータ種類(レシートデータ、ステータス情報、ファームウェア更新と設定変更)

申請時にアプリケーションIDが発行され、当社審査を経て有効になります。最新情報はSMCS開発者用ダッシュボードで確認することができます。

  • アプリケーションID
  • アクセス権限(レシートデータ、ステータス情報、ファームウェア更新と設定変更)

ステップ4:APIリクエストをテストする

SMCSサンドボックスを使用してAPIをテストします。独自のサービスを本番環境にデプロイする前に、本環境を使用しテストすることができます。

サンドボックスを利用する場合の留意事項

  • サンドボックス用のアプリケーションIDをご利用ください。
  • プリンターのサンドボックス環境への切り替えはダッシュボードで行います。

ステップ5:SMCS APIを使った開発を開始する

SMCSアカウントにサインアップし、サンドボックス環境でいくつかのAPIをテストした後、ビルドを開始できます。APIの種類や仕様については、APIリファレンスを参照ください。トークン取得時に使用するアプリケーションIDはダッシュボードで確認することができます。

本APIはPKCE (Proof Key for Code Exchange) を使用したOAuth2.0承認コードフローを利用してAPIにアクセスする権利を付与することができます。

Protocol Endpoints
Auth URLhttps://account.starmicronicscloud.com/retailer/signin/oauth2/v2.0/authorize
Token URLhttps://account.starmicronicscloud.com/retailer/signin/oauth2/v2.0/token
Refresh URLhttps://account.starmicronicscloud.com/retailer/signin/oauth2/v2.0/token

PKCEを使用したOAuth2.0承認コードフロー

Proof Key for Code Exchange (PKCE)は、OAuth 2.0 RFC 7636.open in new windowで規定されています。
OAuth2.0承認コードフローは、OAuth 2.0 仕様のセクション 4.1open in new windowで規定されています。

Last Updated: